効率を求めたシンプルな住まい ブルーが織りなす心地よさ家族の思い出が詰まった家 | 100%LiFE

続きを読む

海外リゾートを彷彿させる鮮やかなブルー

東京ディズニーリゾートからほど近い閑静な住宅街で暮らす藤瀬さんご一家。ドバイでの海外生活を経て、2年半前に奥さまの実家を建て替えた。ナチュラルで開放的なアプローチを抜け、玄関の扉を開けると、真っ白な漆喰壁を引き立てる鮮やかなブルーのアクセントウォールやタイルが目に飛び込んでくる。天井が高く、陽光が射し込むサンルームをはじめ、色彩のコントラストが効いた藤瀬邸は海外のリゾートを感じさせる心地良さがある。
「夫の仕事の都合で数年間ドバイに住んでいました。その間、ヨーロッパなどへの旅行も多く、特にスペインがお気に入りでした。もともとハワイが大好きだったり、アメリカ生活が長かった両親の影響もあるかもしれません。家を建てるにあたり、好きな色や好きなものを選んでいった結果こうなったという感じですね」。
ジャンルやテイストにとらわれず、ご夫妻の感性で生まれた空間といえそうだ。

設計を依頼したのは、坂野由典建築設計事務所。
「こだわりの強い建築家の方が多い中、坂野さんはフラットな思考の方で、私たちの意見をしっかり受け止めて形にしてくれました。海外で勉強を積み、さまざまな国の建築にも詳しい方なので信頼できましたね」(奥さま)。

濃淡を効かせたブルーをアクセントカラーにした1階。キッチン壁は『平田タイル』、鮮やかな床のタイルは『サンワカンパニー』でセレクト。キッチン棚の上部に飾られた『ロイヤルコペンハーゲン』のイヤープレートは奥さまのお母様から譲り受けたもので、ブルーの壁とも相性がよい。伸長式のテーブルはイギリスのアンティーク。手前の椅子は『天童木工』のものでネットオークションで購入。
大きな開口と吹き抜けが気持ちいいサンルーム。庭に面しているため、バーベキューや子どもたちのプールの時にも重宝するスペース。ハイサイド窓から東京ディズニーリゾートの花火が見えるそう。
ブルーのアクセントフォールには浅めの飾り棚を設置。ドバイ時代や海外旅行で購入した雑貨や家族の写真が楽しく彩る。中央下のワゴンはご主人のお手製。
角地を活かした開放的でゆったりとしたエクステリアがひと際目を引く。将来を見据え、2階スペースは最小限にとどめた。

フレキシブルで合理的な家

建築家の坂野さんへのリクエストは、「どこにいても人の気配のするオープンな家」、また「変化していける家」であった。
「私も夫も効率主義。開け閉めで指を挟む可能性のあるドアはいらない、廊下もいらないと伝えました。ドアがあるのは2階のトイレくらいです。いまは子どもが小さいので、私が居る時間が最も長いキッチンから子どもがどこにいても見えるようにとお願いしました。また、年を重ねたら1階で生活を完結させたいと思っているので、2階スペースは最小限に。ライフステージに応じて変化できるよう壁を極力減らしてもらいました」。

その合理的で実用的な考え方は、収納にも表れている。
「外国ではファミリークローゼットが一般的で、家族の物を一か所に集めていてとても便利でした。今回もそれを採用し、家事動線を考えて配置。とてもラクなうえ、時短で家事がこなせます」。
引っ越しが多く、ご両親の遺品整理の苦労もあったとのことで、「物を減らしたい」と強く思っていたとも。
「仕舞い込むと使わず、溜め込んで、物が増える一方なので、思い切って扉はつけずにあえて“見える収納”にしました。奥行のある棚は作らず、取り出しやすいよう工夫しています」。

アイランドキッチンに立つと、リビングダイニングや庭をはじめ、2階までもが見渡せる。「ドバイでの生活で、水回りの床は絶対にタイルにしようと決めていました。さっと拭けて衛生的ですから」。
サンルームの引き戸を開けるとひとつながりになるキッチン。収納するものをあらかじめ考えたうえで、すべて造作した。
ダイニング側には、浅めの棚を設置。「亡くなった母から受け継いだカップやグラスを並べています」。
右側のハイサイド窓を通して2階の子ども部屋の様子が見える。サンルームの引き戸やアクセントウォールのブルーは何種類も作ってもらった中から選んだそう。どっしりとした革のソファはイタリア製で、新婚時代に購入した思い出の品。「ドバイで日焼けし、子どもたちに汚され、一軍を退きました(笑)」(奥さま)。
リゾート感を盛り上げるアーチ型の壁。ブルーの引き戸を開けると、洗面スペース、ドアのないトイレ、バスルーム、ファミリークローゼットへと続く。
タイルで彩った洗面スペースの右奥に家族全員分のクローゼットを設え、洗濯機も置いた。クローゼットの奥からキッチンへと抜けられ、回遊性もある。家事動線がスムーズで効率的。

家族のつながりを生むDIY

「家具は少しずつ揃えています。ジャンルやブランドにこだわらず、家の雰囲気に合わせつつも機能的なものを選んでいます」と話す奥さま。生活しながら必要になった家具は、ご主人が作製しているものも多いという。
「木でできているものはだいたい作っていますね」と笑うご主人。
リビングのテレビ台や子ども用の勉強机、サイドテーブル、子ども部屋のレゴルームなど目につく木製の家具はほとんどご主人が手掛けている。
「ぴったり収まるようにミリ単位でお願いできるので、とてもありがたいですね」と奥さまからも大好評。
「母親がなんでも作る人だったので、その影響もあって、小さいころから“ものづくり”が好きでした。作れそうなものは、まずはチャレンジしてみますね。義父もDIYが趣味でたくさんの道具があったので気に入ったものは引き継いで使わせてもらっています」。
ガレージの奥は、ご主人の“ものづくり”のスペースと化している。
「雨天問わず作業ができるので使い勝手がいいですね。リビングとも窓越しにつながっているのでお互いの様子もわかります。子どもたちもよく手伝ってくれますね」。
オープンな間取りにより、家族が自然と触れ合える時間が増えたと話す。

亡くなったご両親が大切にしていたものをさりげなく飾ったり、活かしたりと、つながりを大事にしながら自由な発想で暮らしている藤瀬さん夫妻。「模様替えを楽しみながら、いろいろな暮らし方を試していきたいですね」とお2人。今後もライフステージに合ったオリジナルのスタイルを楽しんでいかれることだろう。

無垢の床は一部ヘリンボーンを採用。天井が低めでおこもり感のあるリビングからは、ご主人の作業スペースが見える。子どもたちの勉強机は集中力が高まるという杉の木を新木場で購入し、ご主人が作製。白い革のソファは『カリモク』。
2階の子ども部屋。レゴに集中できるレゴルームはご主人がDIYした。左奥の引き戸を開けるとサンルームにつながるハシゴがある。
登りロープやブランコを取り付けてアスレチック感覚の子ども部屋に変身。将来は、長男(7歳)、次男(5歳)それぞれの部屋に分ける計画も。
サンルームと子ども部屋をつなぐハシゴ。息子さんたちにとって楽しい仕掛けがいっぱい。
ガレージの奥がご主人の作業スペース。「木工と革細工はDIYします」とのこと。電動のこぎりをはじめ工具や道具がズラリ。右側の階段を上がるとLDKにつながる。
「作ることが好きなので、何でも作りますよ。うちの両親や義兄家族、友人からの注文を受けて作る場合もあります。嫁の注文なら大手を振って作れますね(笑)」。
庭のアクセントになっている木製のベンチは、ご両親が住んでいた頃の庭に植えてあったこぶしの木を使用し、ご主人が作製した。

藤瀬邸
設計 FUJISE + YOSHINORI SAKANO ARCHITECTS
所在地 千葉県浦安市
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 103.63㎡(車庫含まず)

https://100life.jp/style-of-life/48160/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です