彼から告白されるには? 女性が「“恋人未満”を卒業する方法」4つ – 文・塚田牧夫 | ananweb – マガジンハウス

続きを読む

好きな相手と仲良くしているにもかかわらず、なぜか交際に至らなかった経験のある方もいると思います。なかには、現在進行形でもどかしい思いを抱えている方もいるでしょう。今回は“恋人未満を卒業する方法”について、男女の意見をもとにご紹介します。

いつもとは違う自分を見せる

「彼とは、付き合う前にいつも夜に会っていて、食事をしたり飲みに行ったりが多かったんです。でも、なかなかそれ以上進展しなかったので、“旅行しない?”と誘って日帰り旅行に出かけました。
旅行中、私はとても楽しくて幸せな気分でいっぱい。すると彼が、“いつもと違う表情が見られてよかった。ちゃんと付き合おう”と告白してくれました」ユミ(仮名)/28歳

旅行という非日常のなかで、いつもとは違う一面を見せることができたんですね。それが相手にとって、高評価につながるケースは多いのかもしれません。

優先順位を一番にしない

「ずっと好きだと言ってくれていた女性がいました。僕としては嬉しかったんですが、付き合うことはなく、なんとなくキープしているような状態が続いていたんです。
僕が連絡すると、すぐに来てくれるような関係だったんですが、あるときからそれが変わりました。彼女が韓流アイドルに夢中になり、僕はないがしろにされるようになったんです。彼女の中で自分が一番ではなくなった気がして、引き戻したくなりましたね」カイ(仮名)/27歳

好きな男性であれば、優先順位は高いもの。しかしその順位が下がってしまったことで、男性が“彼女の心を取り戻したい”と、本腰を入れる場合もあるようです。

怖くても距離を置いてみる

「今の彼とは、ずっと友だち関係が続いていました。ただ、私は彼のことが好きで、付き合いたいと思っていたんです。連絡も頻繁にとっていたし、交際まであと一歩…といった状態でした。
あるときに友だちから、“怖いかもしれないけど距離を置いてみたら?”とアドバイスされました。
助言のとおり距離を置いてみると、実際はかなり怖かったですね。連絡をとらない期間が1か月くらい続きました。このまま終わるんじゃないか…と思ったころに、向こうから連絡が来て、そこから少しずつ進展しました」セリ(仮)/27歳

相手と連絡を頻繁にとっている状態に、お互いが満足してしまうこともあるはず。関係が進展しないときはいったん距離を置き、傍にいるのが当たり前じゃないと認識させることも一つの手でしょう。

過去のつらい恋愛を聞いて

「以前、今の彼女とほかの女性と、同時進行で遊んでいた時期があったのですが、当時はどちらとも正式には付き合っていませんでした。そんなある日、彼女と共通の女友だちと話す機会があったんです。
そこで、彼女の過去の恋愛の話になりました。彼女は少し前に不倫をしていたそう。でも、彼女が悪いわけではなく、相手が既婚者だと知らずに付き合ってしまい、のちに不倫が発覚したとのことでした。
“かなり辛そうだった”という話を聞いて、可哀想に思いました。同じような目に遭わせちゃいけないと思い、彼女と正式に付き合うことにしました」ジロウ(仮名)/30歳

男性の“助けてあげたい”という本能が働いたパターンですね。本人が直接言うよりも、ほかの人から伝えられたことでリアルに感じられたのでしょうか。

“恋人未満を卒業する方法”をご紹介しました。
好きな男性と、微妙な関係を続けている方も多いと思います。今回ご紹介したような行動をとることで、関係を進展させるきっかけになるかもしれません。

©nd3000/LightFieldStudios/gettyimages

文・塚田牧夫

https://ananweb.jp/anan/475172/