BIZALOT

特集 フランチャイズビジネス 第2回 FRAX TOKYO|株式会社シニアライフクリエイト

555 views
約4分
特集 フランチャイズビジネス 第2回 FRAX TOKYO|株式会社シニアライフクリエイト

取材展示会概要
展示会名:第2回 FRAX TOKYO
会 期:2022年1月13日(木)~15日(土)
会 場:東京ビッグサイト
主 催:RX Japan株式会社 (旧社名:リード エグジビション ジャパン)

高齢化社会なんて言葉は、もう使い古されてしまったように思える。それはもう直面している現実だからだ。

世帯はどんどん都市に集まるが、高齢者は郊外に独り暮らしというのも珍しくはない。

そんな独り暮らしの高齢者を支える配食をフランチャイズで行う株式会社シニアライフクリエイトから営業本部開発部運営1課の増子達也氏に話を聞いた。

株式会社シニアライフクリエイト営業本部開発部運営1課 増子達也氏

ー貴社のビジネスを初めて知る方もおられると思いますので、どのようなビジネスかをご紹介いただいてもよろしいでしょうか?

増子氏(以下、増子) 基本的には、買い物に行けない一人暮らしの高齢者さんを中心に健康的なお弁当の宅配をするという事業になっております。

お届けした時に安否確認も行っていただきまして、買い物いけないぐらいの方になりますと突然具合が悪くなったりとか、独り暮らしでしたら生活していて転倒されたりとか、なかなか会えないご家族が心配されたりしますので、お弁当を手渡しをしてご本人が具合が悪そうであれば、ご家族もしくは面倒を見てみておられるケアマネージャーにご連絡すると言うようなサービスを提供する事業です。

ー既存のビジネスを始めたいという方は、個人の方があっているか、もしくは法人の方があっているかなどありますか?

増子 どちらが合うかといういと当社の場合はですね、その半々ぐらいのイメージでして、個人の方でしたら、ご夫婦で運営された方が地域密着として、ご近所のご高齢者とその市内のご高齢者見回りに行くので、まあ非常にそのマッチするのかなと思われます。

地域の方としっかり関係を持って行くと、ビジネスも良い形に成長していくという背景もあります。法人の加盟ももちろん半分ございまして、法人の場合も県を跨ぐような会社ではなくて、その地域に根ざした会社さんが何か新しくこの地区でビジネスを展開するという地域貢献も含めた福祉事業として地域への恩返しのような意味合いでスタートされる方が多いですね。

ー町の新聞屋さんや牛乳さんなんかは、そのまま展開できそうですね。

増子 そうですね。おっしゃる通りで、新聞屋さんや牛乳屋さんはよく加盟していただいています。それ以外ですと、ドラッグストアさんですとか、建築業者さんですとか、やっぱりその地域密着でやられている方にはとても合いますね。

ー現在の展開数をお聞かせ下さい。

増子 直営の実数をすぐに申し上げられなくて恐縮なんですが、5店舗ぐらいですね。それ以外はですね。あの加盟店になっておりまして。まあ全体で340店舗展開しています。

私どもは高齢者が在宅で暮らせるような支援をしたいと言うのが会社の理念になっておりますが、郊外地区では、まだ出展できてないところも多くありまして、一人暮らしをしていて、食事に困っている方がまだたくさんいらっしゃると言うふうに聞いております。そういったところにも広めていきたいと思います。当社の配食カバー率と言うのを調べているんですが、まあ全国ですとまだ70%ぐらいしかできていなくて、町村がある地区にも出店をして多くの方が食事で困らないような社会を実現するためにも、出店を増やして行きたいと言うふうに動いております。

ー他の同業社との差別化しているところは何かありますでしょうか?

増子 一番にはこういったお弁当を個人のお宅に届けると言う業者は、地区によってはたくさんあるわけですけれども、違いはご家族やケアマネージャーとの連携ですね。車椅子の方とかもいらっしゃいますので、お家に上がってベッドの横までお届けするとかですね。認知症の方がいらっしゃいましたら、お薬が管理できないのでお薬カレンダーで、このお薬を使うように声をかけてほしいというご家族のご要望にお応えしたりとか。お弁当と見守りとさらにプラスアルファで、あの1分間サービスという形を取っています。

ーエンドユーザーさんのためになること、まさに福祉事業ですね。

増子 そうですね。やっぱり人の為に地域の為になるお仕事ができるというのがこの事業のお良いところです。市場としては、非常に安定していて、今後も長く拡大ができると見込まれていますが、すごく儲かるというわけでもありませんので、利益追及よりかも、いい仕事がしたいという方に加盟いただけると嬉しく思います。

株式会社シニアライフクリエイト
〒108-0073 東京都港区三田三丁目12番14号 ニッテン三田ビル
03-6809-3707
https://slc-123.co.jp/

About The Author

BIZALOT
“風が吹けば桶屋が儲かる。”

あの日のニュースが、意外なところで経済に影響しているかもしれません。
ニュースと経済は隣り合わせ、カルチャーやトレンドも風を読むための重要な素材。こうした経営者のアンテナに掛かるような情報をお届けするキュレーションメディアがBIZALOT[ビズナロット]です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE