特集 フランチャイズビジネス 第2回 FRAX TOKYO|株式会社サンパーク

取材展示会概要
展示会名:第2回 FRAX TOKYO
会 期:2022年1月13日(木)~15日(土)
会 場:東京ビッグサイト
主 催:RX Japan株式会社 (旧社名:リード エグジビション ジャパン)

2018年の神田カレー優勝の「マジカレー」といえばご存知の方も多いはず。

今回取材するのは飲食業界で多種に渡るビジネス展開をしている株式会社サンパークだ。飲食業界の最前線で店舗展開と運営をしてきた同社の商品開発力について聞くと納得の理由があった。

今回話を聞いたのはFC開発部長の吉田正道氏だ。

株式会社サンパーク FC開発部長 吉田正道氏

ー御社のビジネスモデルついてお伺いしたいんですけれども、どのようなビジネスになるのでしょうか?

吉田 飲食業をしておりまして、今回は5業態出店させていただいてます。カフェが2業態、カレー業態とカルビ丼業態、キッチンカー業態で今はリリースしております。

ーフランチャイズに加盟される方で特にマッチするのはどんな方になりますか?

吉田 やっぱり会社経営されている方がマッチしますね。ただ、我々、色んな業態をしているのでその方にあったものを提案させていただきますね。例えば、法人でしたら、カフェ業態であったりカレー業態。個人のオーナー様にはキッチンカーという形ですね。

そういった提案ができる理由として、我々ってあの飲食業を生業として56期になるんですが、フランチャイジャーとしても展開しているのですが、フランチャイジーとしてもビジネスをしているからなんですよ。例えば、びっくりドンキーさんや丸源ラーメン、ドトールコーヒーさん、ピザーラさんなどです。フランチャイズの両方のノウハウをすべて活かしきっているのが我々の業態になっているので、サポート体制や研修も充実しています。

ー今後のフランチャイズの展開目標をお聞きしてもいいですか?

吉田 今後5年間で国内で100店舗以上、海外でも100店舗以上の展開を目指しております。海外の方が早くFC展開が出来ている状況でして、例えば今回出店している「belle ville pancake cafe」は既にシンガポールで二店舗オーナー様がいまして、LA、ニューヨーク、トロントに出店して行くような流れがあります。

ー先ほどの話であったフランチャイズの両方をされているのは大きな強みだと思うのですが、それ以外に何か御社の強みはございますか?

吉田 商品開発力ですね。例えば、このキッチンカーは1年間で20商品以上を一気に作り上げました。「マジカレー」に関しても、オープンした2018年の年に神田カレーグランプリで優勝することができたんですね。我々の業態スケールを活かして、これだけの商品開発をできるのが弊社の強みですね。

ーそれができるってことは、開発スタッフが優秀であり充実してるということですかね?

吉田 その通りですね。新業態を作るときにも、シーズン商品を展開するにあたってもスピード感が求められるので、優秀な商品開発がいるのはやはり強いですね。まだリリースしていない業態や水面下で色々動いている業態もあるんですが、商品開発能力があるからこそできることですね。

店舗の社員にいたっても色んな業態のノウハウが詰め込まれているので優秀ですよ。普通は2,3業態間での移動になると思うのですが、我々は24業態を経験できるので、持っている経験値の幅が違います。

株式会社サンパーク
〒564-0001 大阪府吹田市岸部北5-11-1
TEL:06-6388-0389
http://www.sunpark.ne.jp/