認知症になり同じことを繰り返しながらまとわりつく父と離れたい私…60歳になった息子が感じた“コミュニケーションの本質”

続きを読む

 認知症になった父との日々を描いたノンフィクション作家・髙橋秀実の新刊『おやじはニーチェ』より一部抜粋。同じことを内容を繰り返す父に対して湧き上がってきた思いは――(全2回の2回目/前編を読む)◆◆◆同…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です