12歳女優の「最低女優賞」ノミネート撤回、ラジー賞が謝罪

続きを読む

米アカデミー賞に対抗して最低映画や俳優を選ぶゴールデンラズベリー賞(通称ラジー賞)の主催団体は25日、最低女優賞の候補としていた子役、ライアン・キーラ・アームストロングのノミネートを撤回して謝罪した。

アームストロングは「炎の少女チャーリー」で主演。まだ12歳だったことから、ラジー賞のノミネートは批判の的になっていた。

ラジー賞共同創設者のジョン・ウィルソン氏は25日に発表した声明の中で「時と…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です