実は1000年以上の歴史がある? のど飴に使われる果実とは

続きを読む

【Local Action】

のど飴の原料として知られる果実カリン。1000年以上前に日本に伝わったとされるものの、そのままでは食べられないため、スーパーなどで見かけることはほとんどないのが現状です。このままでは日本にカリンがなくなってしまうのではという危機感を抱いたロッテは、カリンの産地である香川県まんのう町と「まんのう町民のカリン認知拡大推進に関する連携協定」を締結。のど飴に使用するカリンを100%国産に切り替えました。

Read more / この記事を読む →

Photo Gallery / 写真ギャラリー →

この連載・カテゴリーは? ひとつのまちの、ささやかな動きかもしれないけれど、創造性や楽しさに富んだ、注目したい試みがあります。コロカルが見つけた、新しいローカルアクションのかたち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です