BIZALOT

【Googleタグマネージャー(GTM)とは】初心者でもわかる基礎知識

2293 views
約5分
【Googleタグマネージャー(GTM)とは】初心者でもわかる基礎知識

続きを読む

サイト解析やコンバージョン測定などには、タグの埋め込みが必要です。

ツールやサービスを導入すればするほど、埋め込むタグは増えていき、管理が大変。多数のツールのタグが混在すると、カオスな状態になりかねません。

そんな問題を解決してくれるのがタグマネージャーです。サイト運用にはタグマネージャーは必要不可欠といえるでしょう。

さまざまな企業から提供されているタグマネージャーですが、圧倒的な人気を誇るのがGoogleタグマネージャー(GTM)。

ここからはGoogleタグマネージャーについて、初心者でもわかる基礎知識を紹介します。

Googleタグマネージャーとは

Googleタグマネージャー(GTM)とは、Googleから提供されているタグマネジメントツール。

Googleアカウントさえあれば、誰でも無料で利用可能。利用方法も簡単で、複雑なHTMLを管理する必要もありません。

ここからはGoogleタグマネージャーの大きなメリットを紹介していきます。

ページのHTMLを編集せずにタグの管理が可能

Googleタグマネージャー特に大きなメリットが、HTMLを編集せずにタグの追加や編集などができること。

これまでサービスごとに発行されたタグは、それぞれページのHTMLコードの中にタグを埋め込む必要がありました。

しかしGoogleタグマネージャーを使用すれば、管理画面上から簡単に新しいタグを設置したり変更したりすることが可能に。

さまざまなタグを一元管理できます。

ただし導入時の初回はHTMLの編集が発生します。これはどのタグマネージメントツールでも同じです。

公開前にプレビューできる

アクセスが多いサイトの場合、テストで公開することは難しいですし、メンテナンスのためアクセスできない時間が生じることも避けたいですよね。

Googleタグマネージャーにはプレビュー機能があるので、実際に設定したタグが機能しているかを公開前にチェックすることができます。プレビュー中にHTMLにアクセスすれば、配信されるタグの種類も確認可能です。

バージョンを戻せるのでトラブル時も対応が容易

Googleタグマネージャーでは、更新日時や公開順がひと目でわかるようになっています。

新しく公開したバージョンにトラブルが生じた場合、トラブル前のバージョンに戻すことが可能。

トラブルが発生してしまったら、公開を停止することなく以前のバージョンに戻し、新しいバージョンの修正作業を行えばいいのです。

また管理画面ではいつ誰が何をしたのかが記録されます。複数人で運用する場合、状態や変更履歴などを可視化できるのも大きなメリットといえるでしょう。

Googleタグマネージャーの基礎知識

まずはGoogleタグマネージャーの基礎知識を簡単に解説します。

Googleタグマネージャーの構造は「アカウント」と「コンテナ」の2つの層で構成されています。

コンテナは管理の箱です。サイトごとにコンテナを分け、それぞれに管理をしていきます。

「アカウント」が管理者、「コンテナ」は管理するべき種類別の箱といったイメージです。

仮にDFEというアカウントを作成し、A・B・Cと3つのサイトを運営する場合、3つのコンテナを作成します。

異なるコンテナでは設定の共有はできません。逆に言うと相互に影響が出ることもありません。

サイトのHTMLへタグを追加

コンテナを作成すると、そのコンテナを利用するために必要なタグが2種類表示されます。

これがGoogleタグマネージャータグです。

上側のタグ(~)はタグ内に、下側のタグ(~)は開始タグの直後に追加します。

計測したいページに埋め込みが完了すれば、準備OKです。これで計測が開始します。

Googleが提供するアクセス解析ツール「Google Analytics」とタグを連携させることで、さらに詳細なデータを得ることも可能です。

Google Analyticsは下記の手順で連携します。

  1. 編集画面から「ワークスペース」をクリック
  2. 「新しいタグを追加」をクリック
  3. タグの設定
  4. 「ユニバーサルアナリティクス」をクリック
  5. トリガーは「All Pages」を選択

Google Analyticsの手順を紹介しましたが、ほかの種類のタグでも基本的には変わりません。

まとめ

  • Googleタグマネージャー(GTM)とはタグマネジメントツール
  • GTMはページのHTMLを編集せずにタグの管理が可能
  • GTMは使いやすいうえ利用無料

Googleタグマネージャーは、HTMLの編集を行わずにタグを管理できるなど、メリットが多いタグマネジメントツール。利用も無料なので、まだ導入されていない方はぜひ当記事を参考にしてみてください。

経理でお困りならDFE社にご相談ください
経理業務でお困りごとはございませんか?

「人手不足で経理に追われている」
「担当者がなかなか定着しない」
「効率的なやり方がわからない」

そんなお困りごとをなくすために
これからの経理はアウトソーシングする時代です。

DFEではアウトソーシング、人材派遣、コンサルティングを組み合わせて
あなたに合わせたオーダーメイドのサービスを提供します。
お気軽にご相談ください。


The post 【Googleタグマネージャー(GTM)とは】初心者でもわかる基礎知識 first appeared on Data Far East co.,ltd..

続きを読む

About The Author

Data Far East co
経営以外は全部アウトソーシングする時代です。
バックオフィスはワンストップで経理・総務・営業事務などをDFEに委託できます。
貴社のニーズに合わせてベストなアウトソーシングプランで価値をご提供。
さぁ今すぐDFE社のアウトソーシングに切り替えましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE