「声優の給料格差」プリキュア手掛けたアニメ監督が語る、新人は年収100万円台も – プリキュアも担当!大塚監督に聞くアニメ制作「仕事とおカネ」

続きを読む

最近は声優のアイドル化が進み、「“推し”が出ているからアニメを見る」という人も少なくない。「小中学生のなりたい職業」の上位に声優が入るなど、若い世代からの人気も上昇中である。だが、声優の世界は決して甘くない。厳しい競争を勝ち抜いて高給取りになる人はほんの一握りだ。劇場版『ONE PIECE』やTVアニメ『プリキュア』シリーズを担当した経験を持ち、書籍『アニメができるまで』を上梓した大塚隆史監督に、声優業界の裏話を聞いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です