セブン&アイ井阪体制「崩壊」の引き金はそごう・西武売却!?浮上する後継候補の実名 – セブン解体 池袋動乱編

続きを読む

1月24日、百貨店子会社そごう・西武の株式譲渡の延期を発表したセブン&アイ・ホールディングス。背景には、関係者の合意がないまま売却を“ゴリ押し”して巻き起こった「池袋動乱」がある。このまま事態の紛糾が続くようなら、待ち受けるのは井阪隆一・セブン&アイ社長体制の崩壊だ。では、セブン&アイが経営刷新に踏み切った場合、井阪氏の後任になり得るのは誰なのか。その実名と、セブン&アイでささやかれる後継人事の懸念について明かす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です