EC・宅配市場の巨大リスク「ギグワーカー問題」の深刻【物流記者座談会】 – 物流専門紙カーゴニュース発

続きを読む

大きな変革を迎える「物流」の今後について、カーゴニュース紙記者5人が新春座談会で意見を交わした。その内容の一部をダイヤモンド編集部が厳選してお届けする。第二回は、「宅配市場」について。コロナ禍の巣ごもり需要でEコマースはますます成長し、大手宅配3社(ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便)の業績はさぞかし伸びたかと思いきや、どうも違うようだ。業界用語でいう“隠れ宅配”の増加や、ギグワーカーの動向について鋭く指摘する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です