JAL機の衝突事故でANAは首位陥落危機を回避?「想定外」が重なるシェア攻防戦の裏事情 – 総予測2024

続きを読む

年明けの1月2日に羽田空港で生じた衝突事故により、航空大手の日本航空(JAL)は機体の全損などで営業損失を計上する見込みだ。一方でライバルのANAは2024年、一部の機体でエンジン点検による減便を実施する。“想定外”が重なる国内線シェア攻防戦に迫る。