必ずしも正確ではない ブランドセーフティ 評価に苦戦するパブリッシャー:プログラマティック在庫の価値低下を懸念

続きを読む

メディアバイヤーたちは、プログラマティック市場におけるブランドセーフティやビューアビリティを評価する際に、第三者のアドベリフィケーション企業の役割が重要だと主張し続けている。しかし、ニュースパブリッシャーたちにとっては、自分たちのコンテンツが誤って「安全でない」と分類され、収益性が下げられる事態が起きており、そのことに無力感を覚えている。

The post 必ずしも正確ではない ブランドセーフティ 評価に苦戦するパブリッシャー:プログラマティック在庫の価値低下を懸念 appeared first on DIGIDAY[日本版].