皮肉にも戦艦「大和」を「無用の長物」に変えてしまった、山本五十六の「革新的すぎる新戦略」

続きを読む

史上最大の戦艦・大和は、航空機による戦闘が主流になりつつある時代に逆行していたことから”時代錯誤の大艦巨砲主義の産物”ともいわれています。大和に導入された技術は、非常にレベルの高いものでした。その高い技術力が存分に発揮されなかった原因として、航空機戦力への転換と言われています。では、戦力としての航空機活用はどのように始まったのでしょうか? 今回は、大和をめぐる海戦の変化を見てみたいと思います。