「中国やロシアに負けていいのか」…JR東海・葛西敬之が安倍政権復活前夜に言ったこと

続きを読む

「葛西敬之?そんなたいして有名でもない企業経営者が、日本を牛耳ってたなんて、そんなわけないだろう」
 本書を読む前は、多くの人がそう思うようだ。森功著『国商 最後のフィクサー葛西敬之』では、一企業経営者にすぎない葛西氏が、官邸の人事を牛耳り、霞が関と内通して政策に口を出し、はてはNHKの会長選びに介入してマスコミを支配する姿までが描かれる。
『国商 最後のフィクサー葛西敬之』連載第12回(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です