「デジタル広告を独占しすぎている」 米司法省がGoogleを提訴

続きを読む

Photo:TadaImages/Shutterstock.comアメリカ現地時間で1月24日、米司法省がGoogleを提訴しました。理由は「15年に渡ってデジタル広告市場に圧力をかけ独占してきた」こと。アメリカ司法省vsグーグル司法省「広告業界の競争を妨げた」米司法省は「(Googleは、)パブリッシャー、広告主、代理店などが使用するデジタルツールのコントロールを握り、広告テック業界における正当

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です