機能性と差別化を秘めた伝統技術の活かし方

続きを読む

グランドオープンした『WAGYUMAFIA CUTLET SANDWICH KYOTO』では、新しい容器もデビューした。桐で作ったカツサンドケースだ。福岡県大川市、私の地元にも近い家具の町として有名だが、そこにある木材加工業者さんとのコラボレーションで作られたが桐の箱である。これは大変画期的なプロダクトなのである。

もちろんカツサンドが一万円を超える高額商品であるからこそ出来る芸当ではあるのだが、わざわざ桐の箱を使っているのには理由がある。

続きをみる