最低映画に贈られるラジー賞、12歳の女優をノミネートしたことを謝罪 年齢制限を設定

続きを読む

『炎の少女チャーリー』の主演女優がラジー賞の候補から外された
非難の声が挙がった数日後、ラジー賞の創設者であるジョン・ウィルソンが謝罪を表明し、同賞に年齢制限を導入した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です