投資グループ中心メンバー 所得税24億円滞納で差し押さえ

続きを読む

「暗号資産に投資すれば多額の配当が得られる」などとして国に無登録で投資を募った罪で有罪判決が確定した投資グループの中心メンバーが、納税すべき所得税24億円を期限までに納めず、東京国税局が、捜査段階で警視庁が押収していた現金などおよそ2億円を差し押さえていたことが関係者への取材で分かりました。所得の多くは投資グループの活動で得た資金とみられ、東京国税局は加算税などを含めた残りの20数億円についても資産の存在が確認できれば、差し押さえなどの手続きを行うものとみられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です