「ごくろうさん」オリックス宮城大弥の日本一を恩師・我喜屋優(72歳)も喜ぶ「みんなで育ててきた。謙虚だから伸びたんだと思いますよ」

続きを読む

日本一に王手をかけたオリックスが大事な一戦で先発を託したのは3年目の若き左腕、宮城大弥投手だった。今年72歳を迎える興南高の恩師・我喜屋優監督は、まだ夏の空気が残る沖縄で教え子の投球を見ていた。5回を投げて3安打無失点。優勝を決める試合の先発としては申し分ない投球内容だった。