サイバー—もみ合い、決算下振れも株主優待制度導入が下支えに – 最新株式ニュース

続きを読む

  サイバー  1241  -2もみ合い。前日に第1四半期の決算を発表、営業損益は13億円の赤字となり、前年同期比211億円の損益悪化。市場予想も40億円程度下振れている。「FIFAワールドカップ」関連費用の計上が響く形だが、ゲーム事業の売り上げの落ち込みも想定以上と捉えられている。一方、株主優待制度の導入を発表、100株以上の株主に対して、「ABEMA」プレミアム利用料の3ヵ月無料ク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です