南極大陸、ロンドン並みの巨大氷山が分離

続きを読む

英南極調査所(BAS)によると、南極大陸のブラント棚氷から、英ロンドン市の面積に匹敵する約1550平方キロの巨大な氷山が22日に分離した。

ブラント棚氷には10年前から相当数の亀裂が見つかっているが、過去2年の間に2つの大きな亀裂ができた。ブラント棚氷にあるBASのハリー観測所は無事だったとしている。

今回の分離は予想された現象で、気候変動によるものではないと研究者は指摘する。

南極大陸は夏を…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です