「ジルスチュアート」と「ジル バイ ジルスチュアート」を刷新

続きを読む

 TSIは「ジルスチュアート(JILL STUART)」と「ジル バイ ジルスチュアート(JILL BY JILL STUART)」をリブランディングする。コロナ後の消費者心理の変化を受けて、ブランドコンセプトやブランドロゴを改める。Z世代に狙いを定めたブランディングに本格的に乗り出す。両ブランド合わせて現在50億円の売上高を、3年後に70億円に拡大する考えだ。

 「ジルスチュアート」は主に百貨店、「ジル バイ ジルスチュアート」は主にファッションビルに売り場を構えている。価格帯も異なるため、これまでは別の事業部で運営してきたが、9月の組織改変で統合した。「ジルスチュアート」の日本展開25年周年を機に、足並みをそろえたブランディングを2023年春夏シーズンから推進する。中心価格帯は据え置くものの、感度とクオリティーを高めた格上の商材を増やす。

 リブランディングを機に女性のエンパワーメントを掲げたプロジェクト「W /J(ダブルジェイ)」に取り組む。パートナーして俳優・モデルの水原希子を起用する。さらにさまざま分野のパートナー企業と協業することで、アパレルの枠にとらわれない事業を行う。第1弾として花のサブスクサービス「ブルーミー(BLOOMEE)」と組み、その後もフェムテック関連企業との協業を予定する。

 新生「ジルスチュアート」「ジル バイ」の象徴となるコンセプトショップ「(仮)W /J ウィズ ジルスチュアート」の出店を計画する。顧客やインフルエンサー、クリエイターなどが集う発信型、体験型の店舗を作る。

 「ジルスチュアート」はニューヨーク出身のデザイナー、ジル・スチュアートによって1993年にスタート。日本では97年に渋谷に路面店がオープン。2008年には姉妹ブランド「ジル バイジルスチュアート」も始まった。現在、国内で「ジルスチュアート」を13店舗、「ジル バイジルスチュアート」を20店舗運営している。売上高に占めるECの割合や約4割。

The post 「ジルスチュアート」と「ジル バイ ジルスチュアート」を刷新 appeared first on WWDJAPAN.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です